会場探しは葬儀のプロに任せよう【悩み解消で故人にいい供養】

お花

菩提寺を持たない人

棺桶

僧侶を手配

葬儀を行うときには宗教者を招いて執り行うことがほとんどになっています。仏教であれば僧侶の読経により執り行われることが慣例になっています。埼玉でも多くの人がこの方法により葬儀を行っています。昔の家族形態ですと、その家には必ず菩提寺がありそこから僧侶を招いて葬儀を行っていました。現在の少子化や核家族化、単身世帯の増加によりこの菩提寺を持っている人が少なくなってきています。特に都会に仕事を見つけそこで家族を築いて生活をしている人の多くはこの菩提寺を持たない人が多くなっています。埼玉でも持っていない人が増加してきました。この菩提寺を持たない人が亡くなった時の葬儀はどうなるのでしょうか、最近はこのような人たちのために一定の金額を払えばお寺から僧侶を手配してくれる業者も現れてきました。

金額の明瞭化

葬儀の時には宗教者に支払うお布施のことで頭を悩ますことになりますが、業者に手配してもらった僧侶に頼めばその金額は初めから決まっており、お布施の金額で頭を悩ませることもありません。またどの宗派の僧侶も利用することができ、来てもらった僧侶の檀家になる必要もありません。菩提寺を持っていない家族にとって葬儀の時の僧侶の手配が簡単になりますし支払う金額が明瞭化されているためにとても利用がしやすくなっています。埼玉でも僧侶の手配をこのような仲介業者に依頼する人も多くなっています。単身世帯が増えるにつけ葬儀の時の宗教者の依頼をこのような僧侶を手配する業者に依頼する人が多くなることが考えられ、埼玉でも電話一本で依頼することが可能になっています。